お知らせ

「大正の后」が文庫本になりました。改元を前に、ぜひご一読ください。


おすすめの一冊

大正の后 昭和への激動

内容紹介

貞明皇后の波乱の生涯を描いた、近現代小説の傑作! ――縄田一男氏(文芸評論家)
幼少の頃に農家へ預けられ、「九条の黒姫さま」と呼ばれるほど活発な少女として育った節子。
その利発さと健やかさを評価され、皇太子妃として選ばれたことから、明治、大正、昭和をつらぬく節子の激動の人生が始まった。
病に臥せることの多かった大正天皇を妻として支え、母として昭和天皇を見守り続けた貞明皇后が、命をかけて守りたかったものとは。
大正天皇と皇后の実像に迫った傑作長編。

 

内容(「BOOK」データベースより)

幼少の頃に農家へ預けられ、「九条の黒姫さま」と呼ばれるほど活発な少女として育った節子。その利発さと健やかさを評価され、皇太子妃として選ばれたことから、明治、大正、昭和をつらぬく節子の激動の人生が始まった。病に臥せることの多かった大正天皇を妻として支え、母として昭和天皇を見守り続けた貞明皇后が、命をかけて守りたかったものとは。大正天皇と皇后の知られざる実像に迫った傑作長編。

アマゾンで購入